OTT プラットフォーム: 0 日目から立ち上げまで。

メディア業界における OTT プラットフォームの台頭は目覚ましく、起業家や企業がこの分野への参入を促しています。 OTT プラットフォームの開発を成功させるには、技術面とユーザー エクスペリエンスの側面に細心の注意を払う必要があり、これについては、成功したローンチのための XNUMX つの重要な考慮事項をカバーする包括的なブログ投稿で詳しく説明されています。
2023 年 10 月 15 日
-
議事録

過去 XNUMX 年間における OTT (Over-The-Top) プラットフォームの成長は目覚ましいものがあります。 OTT はメディアおよびエンターテインメント業界の主要プレーヤーの XNUMX つとして台頭し、コンテンツの消費方法に革命をもたらしました。 OTT の計り知れないメリットと成功の可能性により、起業家やメディア企業は独自のプラットフォームを立ち上げて OTT の領域に参入することが増えています。

ただし、OTT プラットフォームの開発と立ち上げに着手するのは簡単な作業ではありません。 細部への細心の注意とさまざまな要素の考慮が必要です。 ストリーミング機能やコンテンツ配信インフラストラクチャなどの技術的側面から、シームレスなナビゲーションやパーソナライズされた推奨事項を保証するユーザー エクスペリエンスに至るまで、あらゆる要素が OTT プラットフォームの成功において重要な役割を果たします。

このブログ投稿では、独自の OTT プラットフォームの開発に着手する前に、重要な考慮事項を包括的に理解していただくことを目的としています。 技術、ユーザー エクスペリエンス、収益化を含む XNUMX つの重要な側面を詳しく掘り下げ、OTT プラットフォームの立ち上げを成功させるために必要な知識と洞察を提供します。


OTT テクノロジーは複雑です:

何よりもまず、OTT (Over-The-Top) テクノロジーが多面的で複雑な領域であることを理解することが重要です。 この領域に参入する場合、ビデオ ストリーミング、ソフトウェア開発、OTT アーキテクチャなど、さまざまな専門分野を網羅する専門家のチームが必要になります。 これらの熟練した専門家は、プラットフォームの立ち上げと運用を確実に成功させるために役立ちます。

さらに、考慮すべき重要な考慮事項が他にもいくつかあります。 暗号化は、コンテンツの完全性とセキュリティを保護し、不正なアクセスから保護するために不可欠です。 地域固有のコンテンツの可用性は、細心の注意が必要なもう XNUMX つの重要な側面です。特定の地理的地域に合わせてサービスを調整すると、ユーザー エンゲージメントと満足度が向上する可能性があります。 最後に、効率的でシームレスな支払いシステムの実装は、収益化を促進し、シームレスなユーザー エクスペリエンスを提供するために不可欠です。

これらの側面を考慮し、専門家チームを編成することで、OTT テクノロジーの複雑さを克服し、成功するプラットフォームを確立できます。

OTT プラットフォームを作成する際の課題:

OTT サービスの課題と将来の機会 - riplee

OTT プラットフォームの作成には、スムーズな運用と最適なユーザー エクスペリエンスを実現するために考慮する必要がある独自の一連の課題が伴います。 以下にいくつかの重要な課題を示します。

  • 開発費: OTT (オーバーザトップ) プラットフォームの開発コストは、ソフトウェア開発、コンテンツ取得、インフラストラクチャのセットアップ、継続的なメンテナンスなどのさまざまな側面が関係するため、非常に高価になる可能性があります。 OTT プラットフォームの開発にかかる平均コストは、コンテンツの質と量、技術的特徴、セキュリティ対策、法規制順守などのさまざまな要因によって大きく異なります。 ただし、大まかに見積もると、初期値は 開発費は50,000ドルから1,000,000ドルの間。 このコストは、ユーザー エクスペリエンスを向上させるための継続的なメンテナンス、コンテンツの取得、機能のアップグレードによって増加する可能性があります。
  • コンテンツの取得: 高品質のコンテンツを確保することは重要な課題です。 コンテンツの権利をプロデューサーと交渉することは、法的な問題が複雑に絡み合う複雑なプロセスとなる場合があります。
  • スケーラビリティ: ストリーミングの品質に影響を与えることなく、視聴者数の急増に対応できるプラットフォームを設計することは困難な場合があります。
  • ユーザー体験: シームレスで直感的で魅力的なユーザー インターフェイスを作成することは極めて重要ですが、困難です。 プラットフォームは、ナビゲートしやすく、視覚的に魅力的で、さまざまなデバイス向けに最適化されている必要があります。
  • 収益化: 最適な収益モデル (サブスクリプション、広告、またはペイパービュー) を決定するのは困難な場合があります。 選択したモデルは、対象ユーザーの好みに合わせて選択する必要があります。
  • セキュリティ: 機密性の高いユーザー データやコンテンツを著作権侵害から保護するための堅牢なセキュリティ対策を実装することは、困難な作業となる場合があります。
  • 企業コンプライアンス: 欧州の GDPR など、地域ごとに異なる規制を遵守することは、重大な課題となる可能性があります。


これらの課題を克服し、成功する OTT プラットフォームを作成するには、コンテンツ制作、セキュリティ、デザインなどのさまざまな分野の専門家と協力する必要があります。これにより、視聴者の期待に応えながら収益性の高いプラットフォームを作成できるようになります。

これらの課題を理解することは、課題を克服するための計画を立てたり、OTT プラットフォームの立ち上げと管理を成功させたりするのに役立ちます。


開発の主な段階を概説するタイムライン

ここでは、OTT プラットフォーム開発の主な段階を概説した簡単なタイムラインを示します。

  • 1 ~ 30 日目: 発見フェーズ

これには、要件の収集、市場調査、対象ユーザーの特定、プラットフォームの独自の価値提案の定義が含まれます。

  • 31 ~ 60 日目: 設計フェーズ

この段階では、プラットフォームのユーザー インターフェイスとユーザー エクスペリエンスの概要が説明されます。 これには、ワイヤーフレーム、プロトタイプ、プラットフォームの全体的な設計言語の作成が含まれます。

  • 61 ~ 120 日目: フロントエンド開発

このフェーズでは、ユーザーが操作する OTT プラットフォームの視覚要素が開発されます。 これには、設計のワイヤーフレームとプロトタイプを実際のコードに変換することが含まれます。 主な焦点は、シームレスなユーザー エクスペリエンスを提供する、直感的でユーザー フレンドリーなインターフェイスを作成することです。

  • 61 ~ 150 日目: バックエンド開発

ここでは、サーバー側の操作を開発します。 これには、サーバーやデータベースのセットアップ、およびそれらがフロントエンドと効果的に通信できるようにすることが含まれます。 ユーザー アカウント管理、コンテンツ管理、支払い統合などの機能は、このフェーズで開発されます。

  • 151 ~ 180 日目: テストとバグ修正

プラットフォームにバグやエラーがないことを確認するために、いくつかのテスト方法が実装されています。 機能テストではプラットフォームが意図したとおりに動作するかどうかをチェックし、ユーザビリティテストではインターフェイスの使いやすさを評価します。 パフォーマンス テストでは、さまざまな負荷と条件下でのプラットフォームの応答時間、信頼性、リソース使用量、およびスケーラビリティを評価します。

  • 181 ~ 220 日目: バグ修正

テスト段階で特定された問題はすべて、この期間に対処されます。 開発チームは、テスト チームからのフィードバックに基づいてバグの修正と機能の強化に取り組んでいます。

  • 220 ~ 240 日目: 導入

最終製品は、エンドユーザーがプラットフォームにアクセスして使用できるライブ環境にデプロイされます。 このプロセスには、ホスティング環境の準備、データベースのセットアップ、さまざまなプラットフォーム (Web、Android、iOS など) でのアプリの起動が含まれます。

  • 151 ~ 240 日目: コンテンツ取得フェーズ

ここでは、プラットフォーム用の高品質コンテンツの調達と確保に焦点を当てています。 これには、プロデューサーとの権利交渉と、多様なコンテンツ ライブラリの確保が含まれます。

  • 241 ~ 270 日目: ユーザー受け入れテスト (UAT)

ここでは、エンドユーザーの小グループがプラットフォームをテストして、プラットフォームが彼らの期待と、検出フェーズで定義された一連の要件を満たしていることを確認します。 このフェーズは、製品発売の青信号を受け取るために重要です。

  • 271 ~ 280 日目: 打ち上げ準備

このフェーズには、プラットフォームの立ち上げに備えた最終チェック、スタッフのトレーニング、マーケティング活動が含まれます。

  • 281 日目: プラットフォームの立ち上げ

このプラットフォームはこの日に公開され、ユーザーはアクセスして楽しむことができます。

  • 281 日目以降: 継続的なメンテナンスとアップグレード

リリース後は、プラットフォームの維持、問題の解決、コンテンツの更新、ユーザーからのフィードバックや市場動向に基づいた機能アップグレードの実装に焦点が移ります。


ビジネスの世界での立場に関係なく、熟練した開発チームを指揮する経験豊かな起業家であろうと、限られたリソースと格闘している新興企業であろうと、概要を示した手順とスケジュールは避けられません。
このプロセスにより、ユーザーフレンドリーなプラットフォームの開発が確実に成功します。 バグの特定と修正の確認、プラットフォームの展開、ユーザー受け入れテスト (UAT) の実施、およびリリースの準備はすべて、慎重な計画と実行が必要な重要な段階です。 さらに、発売後は、ユーザーのフィードバックや市場の動向に遅れないよう、継続的なメンテナンスとアップグレードに焦点を移す必要があります。 この包括的なプロセスは、エンドユーザーの期待とビジネス目標を満たす堅牢なプラットフォームを提供することを目的としています。


Teyuto のようなホワイトラベルの OTT ソリューションを使用する利点。


Teyuto は単なるオンライン ストリーミング サービスではありません。 これは、ストリーミング ビジネスを成功させるために必要なものすべてを提供するように設計された、完全に統合された OTT プラットフォームです。 コンテンツ管理と分析から収益化とセキュリティに至るまで、すべてをカバーします。

Teyuto のような確立されたプラットフォームを活用すると、OTT プラットフォームの開発を大幅に加速でき、タイムラインを 240 日も短縮できる可能性があります。 この大幅な時間の節約により、サービスの立ち上げが早まるだけでなく、コンテンツの取得やエンド ユーザーによる品質保証テストなどの重要な側面に、より的を絞った集中力を発揮することができます。 すべての開発段階を一括して管理する代わりに、提供するコンテンツを微調整し、リリース直後から優れたユーザー エクスペリエンスを確保することに重点を置くことができます。 Teyuto を使用すると、基本的にプロセスが合理化され、競争の激しい OTT 分野でプラットフォームを真に差別化できる領域にリソースを効果的かつ効率的に振り向けることになります。


OTT プラットフォームの開発に時間を無駄にしないことが重要なのはなぜですか?

OTT (オーバーザトップ) 業界は急速な成長を遂げており、今後数年間で急激に拡大すると予想されています。 進化する状況と新たなトレンドを考慮し、長期的なビジョンを持ってこのプラットフォームにアプローチすることが重要です。 前向きな考え方を採用することで、OTT プラットフォームが潜在的な成長を受け入れ、今後生じる可能性のある新しい業界の機会を活用できる適切な位置にあることを確認できます。 将来に目を向けることで、時代の先を行き、それに応じて戦略を適応させることができ、ダイナミックな OTT の世界で長期的な成功につながります。

OTT 市場は、そのダイナミックな性質と急速なイノベーションによって特徴付けられます。 業界の大手企業の中で競争力を維持し、競争力を維持することは、特に OTT プラットフォームを最新の状態に保ち、魅力的なものに保つことに関しては、無数の課題に直面する可能性があります。 これはまさに、Teyuto のような既製のソリューションが役立つ場所です。 Teyuto を使用すると、Web プラットフォーム、モバイル アプリ、スマート TV 統合の開発と保守の複雑さをナビゲートする機能が得られます。 技術的な側面に関連するハードルが取り除かれ、コンテンツのキュレーションと優れたユーザー エクスペリエンスの提供に集中できるようになります。 Teyuto を使用すると、進化し続ける OTT 環境で追いつくだけでなく、潜在的に先を行くことができます。

さらに、Teyuto は従来の開発プロセスに関連するコストを節約します。 アジャイルなプラットフォーム構築アプローチを使用することで、コストのかかるサードパーティ ベンダーや追加の人員の必要性がなくなり、立ち上げまでの時間が大幅に短縮されます。 これは、予算が限られており、OTT サービスを迅速かつコスト効率よく開始したいと考えているユーザーにとって特に有利です。 5G テクノロジーの発展とインターネット速度の高速化により、OTT ストリーミング プラットフォームがさらに高品質のコンテンツを配信できる可能性が高まりました。 このため、企業が業界での競争力と関連性を維持するには、最新の技術ソリューションを常に最新の状態に保つことが不可欠です。

Teyuto を使用すると、ベンダー ロックインがなくなります。

Teyuto を使用すると、ベンダー ロックインが発生しません。 他の多くの OTT サービス プロバイダーとは異なり、当社はテクノロジーに関しては選択の自由を信じています。 これは、お客様が当社のテクノロジーを無期限に使用する義務がないことを意味します。 必要に応じて、API 経由でビデオ テクノロジーまたは OTT ビルダーのみを引き続き使用し、独自のフロントエンドを作成することもできます。
私たちは、制限ではなくオプションを提供することを目指しています。
さらに、いつでも別のサービスに移行することに決めた場合は、手間のかからない移行を保証します。 私たちの取り組みはお客様の成功にあり、お客様を当社のテクノロジーに閉じ込めることではありません。

OTT の成功はコンテンツの指標にかかっています。

データと分析は、視聴者が OTT コンテンツにどのように関与しているかを理解するための鍵となります。 Teyuto を使用すると、ユーザー エンゲージメントを追跡し、改善の機会を特定するのに役立つ一連の指標にアクセスできます。 当社のダッシュボードには、デバイスの種類、場所、さまざまなチャンネルの視聴時間、コンテンツの好みなどごとのユーザー消費に関するデータが表示されます。 これにより、情報に基づいた意思決定を行うことができ、OTT プラットフォームの成功を促進できます。

コンテンツが君臨する王様であるメディアおよびエンターテインメント業界では、この原則は特に OTT (オーバーザトップ) プラットフォームにも当てはまります。 長期的な成功と持続可能な成長を確実にするには、単なるコンテンツではなく、指標を満たしているだけでなく、視聴者をより深いレベルで魅了し共鳴させる高品質なコンテンツを用意することが重要です。 そうしないと、視聴者数が停滞し、期待される成長軌道に届かなくなる可能性があります。

パスワードを教えてください? – auiutoRakuten.TV

プラットフォーム上で優れたコンテンツを配信するには、いくつかの重要な要素が関係します。 まず、提供されるコンテンツの種類が最も重要です。 視聴者のさまざまな好みに応え、幅広い興味や好みにアピールできる多様性のあるものである必要があります。 さらに、コンテンツを常に新鮮に保ち、定期的に更新することも同様に重要です。 これは、視聴者の関心と関与を維持するのに役立ち、視聴者が何度も視聴し続けるようにします。


OTT は独自性があり、付加価値がある必要があります。

独自の OTT プラットフォームの立ち上げに着手する前に、自分のプラットフォームが他のプラットフォームと何が違うのかを慎重に検討することが重要です。 時間をかけて、混雑した市場でプラットフォームを目立たせる独自の機能、機能、コンテンツを特定してください。 さらに、プラットフォームが提供する価値が潜在的なユーザーにとって明確であることを確認することが重要です。 競合他社が提供していないものを提供することで、視聴者の注目を集めるだけでなく、比類のないエクスペリエンスを提供する、真に優れた OTT プラットフォームを作成できます。 OTT 業界での成功は、ユーザーが何度もリピートし続けるような、独特で魅力的なプラットフォームを提供できるかどうかにかかっています。


Curiosity Stream ドキュメンタリーストリーミングサービスレビュー - Happy Mothering

ニッチな OTT プラットフォームの好例は次のとおりです。 CuriosityStream。 このプラットフォームは、ドキュメンタリーやノンフィクション番組に強い関心を持つ視聴者に特化しています。 CuriosityStream は、2,000 を超える科学、歴史、テクノロジー、自然、社会、ライフスタイルのドキュメンタリーの膨大なライブラリを備え、視聴者の好奇心を満たす高品質のコンテンツを提供します。 このプラットフォームのユニークな販売提案は、独占的なコンテンツに焦点を当てており、汎用的な OTT プラットフォームの中でも際立った特殊な視聴体験を提供します。 CuriosityStream は、OTT スペースに独自のニッチ市場を開拓することで、特定の視聴者セグメントに効果的に対応し、混雑した OTT 環境の中で独自の存在感を示しています。


マーケティングとプロモーション: OTT の立ち上げに関する話題の創出:

ローンチする規模が大規模であっても小規模であっても、綿密に練られたマーケティング プランから始めることが重要です。 あなたは、オーバー ザ トップ (OTT) の立ち上げについて話題を作り、人々の注目を集めて興奮を引き起こしたいと考えています。 効果的な戦略の XNUMX つは、Facebook、Instagram、Twitter などのソーシャル メディア プラットフォームの力を活用して、幅広い視聴者にリーチし、関心を引くことです。 さらに、リリースを発表してメディアの注目を集めるために、プレスリリースの利用を検討してください。 業界の影響力のある人物と協力することも、メッセージを増幅し、リーチを拡大するための戦略的な動きになる可能性があります。 最後に、ターゲット ユーザーを惹きつけ、OTT の立ち上げへの関心を高めるという電子メール キャンペーンの力を過小評価しないでください。 これらのさまざまなマーケティング戦略を組み合わせることで、発売の効果を最大化し、製品やサービスの市場への導入を確実に成功させることができます。


結論:

OTT プラットフォームの立ち上げを成功させるための重要な手順をしっかりと理解できたので、技術的および規制の状況は常に進化していることを心に留めておくことが重要です。 このブログで共有した知識を武器に、このエキサイティングな旅に乗り出すと、OTT プラットフォームの強力な基盤が築かれたことになります。 しかし、長期的な成功の鍵は、先を考え、業界のトレンドを予測し、それに応じて適応する能力にあります。

堅牢な技術インフラストラクチャを構築することに加えて、プラットフォームの周囲に活気のあるコミュニティを育成し、育成することが重要です。 ユーザーと関わり、フィードバックに耳を傾け、全体的なエクスペリエンスを継続的に向上させます。 独占的なコンテンツ、パーソナライズされた推奨事項、シームレスなユーザー インターフェイスなどを通じて、ユーザーに価値を提供することが戦略の最優先事項である必要があります。

このスリル満点の OTT アドベンチャーに乗り出すとき、成功とは単にプラットフォームを立ち上げることではなく、持続可能で繁栄するエコシステムを構築することであることを忘れないでください。 献身、革新、顧客中心のアプローチにより、OTT プラットフォームの限界は無限に広がります。
幸運を祈ります。そしてあなたの旅が興奮と成功に満ち溢れますように!

ビデオ帝国を築く

優れたビデオ チャネルを XNUMX か所に: ビデオ CMS、コミュニティ、マーケティング、分析。

読んでよかったですか?

受信トレイに直接送信される最新のビデオ ビジネス ニュース、戦略、および洞察を入手してください。
マルチェロ・ヴィオリーニ
目次
この投稿を共有

ビデオ帝国を築く

優れたビデオ チャネルを XNUMX か所に: ビデオ CMS、コミュニティ、マーケティング、分析。
無料トレーニング & 24時間サポート
過去 99.9 か月間で 12% のアップタイム
セキュリティとプライバシーに真剣に取り組む
動画配信プラットフォームと収益化
お問い合わせ

商品特徴

会社

イタリアで愛情と情熱を込めて作られています。
🌎 どこでも楽しめる
規約と条件 個人情報保護方針  クッキーポリシー